シャブレ・ジブレ 〈不定期更新 目標毎週2回!〉

絵:きよた 文:たなべ


ブレイクスルー

【今日は田辺ではなく、あるスタッフの経験談です。】

 

 3カ月の新人研修を明けてしばらく経ったころの話です。

 

 当時はまだ、自分はセカンド(二人目)でスタジオに入っていましたが、先輩からは「気が利かない」とよく怒られていました。それでも、自分なりにはしっかり考えているつもりでしたし、頑張っているのだから問題ないと思っていました。

 

 

 

 

 そして、入社から6か月目。厳しいことで知られるカメラマン某氏のロケは自分にとって過酷で衝撃的でした。

 

 その日は、ロケの初っ端からカメラマン氏に怒鳴られっぱなしでした。その指摘のどれもがいちいち自分のダメさを言い当てているものですから、何も言い返せないまま「すみません。」と答えるのがやっとでした。

 

 極め付けは、スタジオで先輩から怒られていたこととまったく同じ「気が利かない」ということをカメラマン氏からも叱られた時です。それまで、自分はそこそこ仕事が出来ると思っていたので、これには本当にショックを受けました

 

 しかも、注意はその後も止まらず、礼儀や立場や考え方まで鋭く怒られました。あまりにも多くのことに怒られたので、しまいには混乱して何が何だかわからなくなってしまいました。

 

 そうして、怒鳴られ続けたロケは終わり、カメラマン氏の事務所を出た後、自分は最寄りの駅に向かいました。その日は、スタジオのみんなとの食事会の予定があったため、自分はスタジオに戻らなくてはならなかったからです。

 

 

 

 

 ただ、怒られ過ぎた頭はまだボーっとしています。27歳にもなって、こんなにも叱られるなんて思ってもいませんでした。

 

 そのうち「自分はこの業界に向いていないんじゃないか」と本気で落ち込み、電車に乗る気にもなれないまま、しばらくホームのベンチでうなだれていました。

 

 そして、これだけ頑張っているのに、これじゃあもう無理だなと考えていたとき、田辺からLINEがきました。

「今、どこにいるのー? なんで帰ってこないのー?」

 

 今さら隠しても仕方ないので、自分は正直な気持ちを伝えました。

「もう、自分はダメです。帰れません。」

 

 こちらがやっとの思いで絞り出した言葉に対し、田辺は嫌みなくらいにあっけらかんと返してきました。

「みんなで飲んでんだからさー、とりあえず帰っておいでよー!」

 

 どうせ、自分のこの苦しさなんか、田辺にはわからないだろうと思い、

「自分はもういいです。放っておいてください。」

 

 すると、田辺から帰ってきた言葉は、

「それは、それ! これは、これ! って切り替えられないでどうする⁉ この甘えん坊!!」

「せいぜい慰めてろ。」

 

 

 

 

 これでハッとしました。

 

 頑張っている自分がこんなに凹んでいるから可哀そうって、ただの構ってちゃん、ただのガキじゃんってことに気付きました。自分は何しにこのスタジオに来たんだよって思いました。

そこで、田辺にLINEを返します。

 

 「今切り替わりました!遅れてすみません。向かいます!」

 

 その時、自分に誓いました。もう悩むのはお終い。これからは怒られたこと、指摘されたことから逃げず、ちゃんと向き合うと。

 

 今、思えば、自分が変わったのはこの時だったと思います。

 

 

 


田舎もん上等

 僕は以前沖縄に行った際、帰る日になって台風が接近、その台風のコース次第では飛行機が欠航となる恐れのでてきたことがありました。そこで台風の最新情報を確認すべくテレビをつけたのですが、放送は東京キー局の全国放送でした。

 

 

 地方にお住まいの方ならおわかりだと思うのですが、ここでアナウンサーの方が言った言葉は、僕にとって小さな衝撃でした。「現在、台風○号は日本の南西の海上にあり、そのまま北上、明日には日本海へと抜ける見込みです。」

 

 いやいや、沖縄は日本ですから。海上ではなく沖縄本島を直撃するコースですから。せめて、日本と言わずに本州というべきですからー!

 

 普段、当たり前で何の違和感もなかった東京中心の見方、考え方が、地方在住の方にとっては呆れてしまうほど的外れなことだと気づいた瞬間でした。

 

 

 

 

 ところで、このスタジオを出てフォトグラファーとして活躍されている100名を無作為に選び、出身地を調べてみたところ、東京都出身者は13名、その他の出身者が87名でした。約8人に1人が東京都出身ということになります。

 

 ちなみに、日本の人口は、現在約1億2700万人。東京都の人口は約1364万人なので、日本人のだいたい9人に1人は東京都内在住となります。

 

 と、いうことは、(本当のところはともかく)クリエイティブな職業と思われがちなフォトグラファーは、実は東京生まれ東京育ちの人が特別多いわけではないのです。あくまでもこのスタジオ内のデータでしかありませんが、どの地域に生まれ育ってもフォトグラファーになるチャンスはほぼ平等に開かれていると考えていい数字です。

 

 

 

 

 もっと言っちゃうと、これはフォトグラファーに限らないことのような気がします。

 

 おごった物言いではありますが、仮に流行や文化の発信地が東京だったとしても、それを創っている大多数は生まれ育った故郷を地方に持つ方々です。決して、東京生まれの東京育ちが多いわけではありません。

 

 興味深いのは、東京の利便性も、文化的な施設やイベントに恵まれた環境も、尖った感性を育てるために必要なことではないということです。思い返せば、インターネットでどこでもいつでも瞬時に情報を得られるずっと昔からそうでした。

 

 

 

 

 結局のところ、どこで生まれようと、どこで育とうと、その人の胸の中の熱い想いだけがその人に行動を起こさせるのだと思います。状況や環境を言い訳にしている人は、所詮その程度の想いしか無いのかもしれません。

 

 最近読んで、涙が出ちゃった本があります。自然の風のような扇風機、最近ではパンのトーストが驚くほど美味しく焼けるトースターなどで有名な会社バルミューダの社長、寺尾玄さんが書いた『行こう、どこにもなかった方法で』。その一節から。

 

 "夢が終わるのは、可能性が失くなった時ではない。そもそも可能性は、失くならない。夢は、そのオーナーの情熱が失くなった時に終わるのだ。"

 

 お後はよろしいと思います。

 

 

 


フィルム時代

 あるファッション誌の編集をされている方から聞いた話です。

 

 「最近、職人って感じのカメラマンが減ったねー。自分なりの世界観もいいけど、こっちの求めるイメージに近づけられない人が多いんだよね。昔はこうして欲しいと言ったら、さっとライティング変えてピシっと寄せてくれるカメラマンがいたんだけど。時代かねー。」

 

 

 だからといって、安易に「昔は良かった」って話をするつもりはありません。でも、いいか悪いかは別にして、フォトグラファーの業界も以前と大きく変わってきていることは確かです。

 

 その原因は色々あると思いますし、その複合的な要因から実際にどう変わってきているのか、その正解の全てを僕が知っているわけではありません。

 

 でも、自分なりに原因のうちの一つだろうな~と思うことがあります。それが『フィルム時代とデジタル時代のアシスタントに求められる意識の違い』です。

 

 

 写真撮影においてフィルムが全盛の時代、今のデジタル撮影におけるオペレーション作業と同じ意味で、当時のアシスタントは誰もがフィルム周りの一連作業を求められました。スタジオスタッフなら、どんなカメラマンの撮影スタイルや機材に合わせられるだけのスキルとスピードと正確さが必須でした。

 

 

 

 

 当時使われていたフィルムは、ほとんどの場合ポジフィルムという露出にシビアなものでした。だからアシスタントは、自分の露出や現像の管理次第では、取り返しのつかない事故の可能性がある中での作業を強いられていました。

 

 もちろん、現像が上がってフィルムの画像に問題があるとわかった時には、すでに撮影スタッフは解散した後です。当時のアシスタントは、誰もが自分が失敗すると撮影全てが台無しになる可能性のある中で仕事をするのが当たり前でした。

 

 今、プロの撮影現場では99%がデジタルでの撮影です。ご存知の通り、メモリの容量さえ許せば何枚でも撮ることが可能ですし、何よりも現場でリアルタイムに画像が確認できます。しかも、カメラマンはフィルムの頃と違い、撮影内容によっては必ずしもアシスタントがいなくても撮影ができるようになりました。

 

 フィルムの頃に比べ、アシスタントの業務は格段に楽になりました。逆に言えば、アシスタントに強いる責任感や現場への参加意識はめっきり少なくなったと思います。

 

 

 

 

 その結果、『プロフェッショナル』を理解しないまま一人前になったと勘違いする幸せでゆる~いスタジオスタッフが増えたような気がします。根拠となる数値的データがあるわけではないので、あくまでも僕の見聞きする印象の域を出ないのですが。

 

 もちろん、今も昔も、どうやったって成れる人は成っていきます。

 

 「感覚や感性で勝負ができる時代」は「感覚や感性でしか勝負できない時代」になりつつあるのかもしれません。

 

 お後がよろしいのか、僕にはわかりかねますが。

 

 

 

 


車は買って乗れ

 今まで生きてきて、なんとな~く「これはやってはいけないこと」って頭で理解しているつもりだったんだけど、まんまとしくじってしまって、「ヤバい、自分」となった経験ってありますか?

 

 僕は若い頃、しょっちゅうそんな失敗をやらかしていました。オッサンと呼ばれる年齢になってからはさすがに少なくなりましたが。

 

 

 例えば、車を運転するのに、「ぶつけてはいけない」ってことはわかっているはずなのに、こすってしまったとか。

 

 遅刻をしてはいけない、遅刻したら「ヤバい」ってわかっていたのに、目が覚めたら終わってたとか。

 

 事前に散々注意されていて、自分でも気を付けようと心がけていたはずなのに、まんまとやってしまったとか。

 

 感覚的には、自分がそこに居るのは確かなんだけど、そこにいないような感覚。または、素の自分は透明なベールに覆われていて、現実に起きていることはすべて、そのベールの外で起きているような感覚。

 

 僕だけの感覚なのかわからなかったので、「こういう感覚ってない?」とスタッフのJに聞いてみたところ、「あります!あります!」と激しく同意していました。少なくとも僕だけの特別な感覚ではなかったようです。

 

 実はこれって、「当事者意識の欠如」って言われるやつです。でも、つい先日まで学生だったような若い方にそんなことを言ったって、それこそ知識として理解はしているけど正直何のことだかよくわからない状態となるのは当然です。

 

 

 

 

 ところで、スタジオの近所にレンタカー屋さんがあります。僕もたまに利用するので、何度かその店舗にお邪魔したことがあります。

 

 そこの壁には「無事故連続記録日数」と書かれた紙が貼ってあり、二けたの数字を張り替えて99日までを任意に表示できるようになっています。僕がこれまで見た中での最高無事故日数は「7日」、いつもは「0日」から「3日」くらいです。

 

 レンタカーを借りる人って初心者が多いとはいえ、どんだけ運転が下手なのかと思います。でも、レンタカー屋さんに聞けば幸い事故のほとんどがこすったり軽くぶつかったりする程度のものなのだそうです。

 

 ということは「下手」というより、「不注意」による事故が多いのでしょう。もちろん、レンタカー屋さんがお客さんに「ちゃんと注意して運転してください。」と言うわけにはいきませんが。

 

 たぶん、レンタカーを借りてぶつけてしまう方も、自分が買った車なら、ぶつけないんだろうな~と思います。これこそ、まさしく「当事者意識」の違いです。

 

 これを仕事に置き換えてみます。当事者意識の欠如により、自分が何かをやらかしてしまって、周りに迷惑を掛けてしまっては、自分の評価が下がってしまい、来たかもしれないチャンスが自分の知らないところで遠のいていってしまいます。

 

 そんなことなら、早いとこ当事者意識を身につけてしまったほうが断然お得ではないでしょうか。価格.comよろしく、極力安い買い物をする感覚で、極力気持ちのエネルギーをケチった仕事のしかたをしていた人で、その後うまくいった人を僕は見たことがありません。

 

 

 

 

 誰かこのことを若い頃の僕に言ってくれる人がいたら、僕はもう少し良い人生を歩めていたのかもしれません。もっとも、本当のところは、たぶん当時の僕に助言してくれていた人は何人もいて、心配してくれていた人も大勢いて、でもそれに僕はまったく気づかなかったというのが真実です。きっと。

 

 自業自得。悔いはありません。

 

 記憶もありませんし。お後だけがよろしいようです。

 

 

 


乳首はダメでした

 外苑スタジオのFacebookページが、ワイセツな画像をアップしていたため、利用規約により『非公開』とされてしまいました。現在、異議申し立てを行っていますが、却下された場合、ページは永久に削除されるそうです。

 

 

 「利用規約違反のため、非公開」の通知が届いたのが、5月8日の午前3時頃。それを受けて、過去6年間に外苑スタジオのFaceBookページで公開してきた全てのスタッフフォトをチェックし、FaceBookが言うところのワイセツ画像らしいものを削除しました。

 

 その後、「異議申し立て」を行ったのが6時間後の8時38分。現在(この文章を書いている今)、FaceBookからの返答待ち状態です。

 

 FaceBookが言うところのワイセツ画像って、乳首のことらしいです。今まで、気にも留めていませんでしたが、僕のところに届いた「通知」には、5年前(!)にアップした当時のスタッフ撮影の女性のヌード画像が添付されていました。

 

 

 こういった問題では、運営側の事情もわからなくはありません。それは、どこからがワイセツで、どこまでが問題ないのか、その線引きが難しいために、エロい要素のあるものは全てNGにするのが明快で簡単ということだと思います。

 

 要するに、よく言われるところの「ワイセツか、芸術か」という受け手側の解釈や感性の問題ではなく、「乳首はダメ」なのです。FaceBookにアップする写真を管理している立場の僕の認識が甘かったといえばそれまでの話なのですが。

 

 

 お後は異議申し立ての裁定次第です。

 

 

 頼むよ、FaceBook。仲良くしようよ。

 

 

追記。

 

 結局、同日19時15分、公開停止後16時間、異議申し立てから11時間でページ復活の知らせがFaceBookより届きました。

 

 詳しい方から聞いたところによると、最近、FaceBook側の審査が厳格になったそうです。今まで規定の適用を放置をしていた分、「公開停止」に追い込まれるアカウントが急増しているそうです。

 

 皆さん、乳首にご注意を。

 

 何はともあれ、一安心。お後はよろしいようです。

 

 

 


GWの過ごし方

 問題です。次の熟語に共通するものはなんでしょう?

 

 『写真、音楽、漫画、小説、華道、舞踏、演出、歴史、宗教、政治、起業、冒険、格闘、空手……』

 

 

 それはそうと、この時期、青空の広がる日は何をするにも最高です。何もしなくても、心地よくて気持ちいい。

 

 しかも、予報によれば今年のGWは天気にも恵まれているようです。僕のいる業界も、この期間の撮影はほとんどなく、スタッフも年末年始以来の仕事に追われないモードとなります。

 

 

 

 さて、冒頭の答えは、『すべて、その熟語の後ろに“家”が付きます。』写真家、音楽家、漫画家…。

 

 

 その写真家の業界に限らず、感性系技術職の業界でまだ発展途上の位置にある方は、このGWをチャンスと考えることをおススメします。学生時代からの友人をはじめ、世の中の多くの人たちが様々なことに楽しんでいるこの時期こそ、世の中の多くの人との差をつけるためにはうってつけの機会です。

 

 想像してみてください。将来、あなたの仕事に対し、まわりの友人が「やっぱり、○○(あなたの名前)は違うな~。すごいよ。さすがだよ。」と、しみじみ感心している姿を。

 

 仕事は仕事として真剣にやり、その分、余暇は思いっきり楽しむ。そんな普通の人と同じような仕事へのスタンスで、まわりの友人が感心するほどの圧倒的な差をつけていい仕事ができるほど、“家”の付く職業の世界は優しくありません。

 

 

 

 

 先日、今では世界を股にかけ大活躍中のフォトグラファーの学生時代の話を聞く機会がありました。当時の写真専門学校の先生のお話では、その方はとにかくいつもず~っと暗室にこもっていたのだそうです。

 

 暗室にこもらなければならないほどの量の写真を撮っていたからなのはもちろんのこと、もっとどう撮れば良かったのか、どう魅せれば良いのか、暗室という一人集中できる空間の中で思考を巡らせていたのだと思います。

 

 “家”をネットで調べてみると、「専門家」と出てきました。でも、「専門家」の中には国家資格をお持ちの方も含まれてしまいます。

 

 僕の考える“家”のつく職業とは、仕事の成果のためにその生き方までもが問われる職業です。生き方だからこそ、寝ても覚めても、仕事もプライベートも関係なく、全ての時間をどう過ごすかが大切なのです。

 

 

 

 

 自分の仕事やポジションがまだ発展途上にあると自覚される方は、ぜひこのGWを一人集中する時間として、有意義に過ごされることをおススメします。

 

 将来のために。

 

 それが、お後にとってもよろしいようです。

 

 

 皆さん、良いGWを。

 

 

 


カテゴリ月別